主食日本酒 -TSB汐留酒学会 代表 齊藤俊洋のブログ-

日々飲んだ日本酒を、徒然書くブログです★

第42回 日本酒会 行いました( *´艸`)

こんにちは、

TSB汐留酒学会 代表 齊藤俊洋と申します!

今日からブログを書こうと思い、頑張ってみる、記念すべき1記事目!!

 

昨日は第42回目の日本酒会でした☆

これまでも毎月主催してきたのですが、やっと、やっと、記録を付けようかと♪

重い腰をあげましたwww

 

いつもは、各県の日本酒を「うめーwwwうめーwww」と少ないボキャブラリで飲むだけの回なのですが!

今回は、元々社会人大学の講師用に用意していたネタなので、ちょっと勉強要素入ってまして(*´▽`*)

 

秋田県は日の丸酒造の

まんさくの花

を使って、上槽工程のお勉強です(^o^)/

 

■上槽、搾り

簡単に説明すると、日本酒の元となる

醪(もろみ)

は、【上槽】【搾り】などと呼ばれる工程によって

酒粕

・日本酒

に分けます!

 

この時日本酒が出てくる時によって、味わいが変わる、そうなんですね。

先に出てくるものから

1、荒ばしり

2、中ぐみ

3、責めどり

とあるのですが、今回まんさくの花は、

【同じお酒】

上記3つの搾り時】

をラインナップしてくれてるんです、これは飲み比べしやすい\(^o^)/

 

あまり頑張って書くと無知がバレるので、アカデミックな話はこの辺でやめときますがwww

飲んだ感想を軽く書こうと思います♪

 

■感想

飲み口は3種とも同じ印象ですが、最後口に残る後味が!

違うイメージです☆

荒ばしり:最後に酸味、スッキリとしたフレッシュさを感じる

中ぐみ :後味がスッと消えて、飲みやすい

責めどり:個人的には一番好き!後味の雑な感じが魅力♪

 

今回は人数少ないのに生酒ばかりで、酔っぱらいましたwww

次回は3/10(土) 東京港醸造杜氏、寺澤さんをお呼びして開催しますー!!

 

■第42回日本酒会概要

テーマ:むらまつ酒類さんセレクション -まんさくの花 上槽(搾り)工程による味の違い-

日程 :2/17(土)

場所 :神保町

人数 :27名

 

■ラインナップ

1、長龍 雄町 特別純米酒 無濾過原酒 低温瓶囲い 長龍酒造(奈良)

2、真野鶴 緑山生 純米大吟醸無濾過生原酒 尾畑酒造(新潟)

3、Debut 純米 無濾過生原酒 若竹屋酒造(福岡)

4、三百年の掟やぶり 本醸造 無ろ過槽前原酒 寿虎屋酒造(山形)

5、奥 生 夢山水十割 尊皇蔵元 山﨑合資会社(愛知)

6、望 -bou- 生酛 直汲み純米生原酒 外池酒造店(栃木) 

7、鳴海 特別純米直詰め生 白ラベル 東灘醸造(千葉)

8、まんさくの花 純米吟醸生原酒 荒ばしり 日の丸醸造(秋田)

9、まんさくの花 純米吟醸生原酒 中ぐみ 日の丸醸造(秋田)

10、まんさくの花 純米吟醸生原酒 責めどり 日の丸醸造(秋田)

f:id:ringlet1220lotus:20180218143831j:plain

 

■購入した酒屋さん

むらまつ酒類

muramatsushurui.ocnk.net

店員さんみなさん親切で、良くして頂いてます☆

水木金は角打ちで、店内で飲めたりもします(*´▽`*)

・住所  :〒105-0021 東京都港区東新橋2-2-10

・アクセス:新橋駅徒歩5分、汐留駅徒歩5分
・TEL :03-3431-8835

・FAX :03-3431-8768

・営業時間:9:00~19:00

・定休日 :土日祝祭日